×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポネット弘大とは。。。

 

スポネット弘大とは。。。
 
ある年の春、NPO法人スポネット弘前に所属していた私たちは、それぞれ学校に通いながらにボランティアをしていました。
スポネットでの活動が大好きな私たちは、「もっとたくさんの大学生に、この活動を知ってもらいたい!」
そう考えるようになり、宣伝を始めました。
 
ところが、NPOのまま宣伝を続けても、学生にとっては知らない場所
遠い場所‘‘自分にとってアウェイな空間‘‘何やってるのかわからない
そんなイメージのせいか、1年目はなかなか人が集まりませんでした。
 

「ボランティアなんて、人のためにすることでしょ。よくやるよね。
あたしだったら自分のために時間使いたいけど。」

こう思う人もいるのではないでしょうか。
 
「スポーツは、苦手だから。」と嫌煙する人も多いと思います。

でも、それはすごくすごく勘違い。

自分たちで考えた遊びで、子ども達が本気で楽しんでくれること。 
「ここに来れば、運動する事が楽しい」って言ってもらえること。
みんなで計画したイベントに、たくさんの人が集まって「おもしろい!」って思ってもらうこと。
 
なにより、自分の心がワクワクすること。
 

学生は、学生の輪の中。今は、メールや電話で、簡単につながりたい人とだけつながりあえる時代。
「人とのふれあい」から「自分の心が動く」経験は足りなくなってきているのかもしれない。
だけどスポネットでなら、それができる!  すごくその思いは強く、宣伝を続けました。

翌年の秋
そんな場所が、学生にとってもっと身近な場所になるように、学校のサークルに「スポネット」をつくる活動を始めました。
 
「運動が得意でも、苦手な人にも。多くの人に、体を動かすことを楽しいと思ってもらいたい」
これがスポネット弘大の大きなテーマですが、それだけではないんです。

体を動かすことを通して、人とふれあい、居場所を見つけてもらいたい。
体を動かすことを通して、自分に自信を持ってもらいたい。
これは、利用者の方にとっても。ボランティアをしている、私たちにとっても。
一人一人にとって、いろいろな意味を持つ場所であると思います。

スポネットでの時間は、人のための時間でもあり、間違いなく「自分のための時間」でもあります。
今では、「こんなことやったら絶対面白いし、喜ぶんじゃね!?」なんていいながら
子どもと遊ぶ計画を立てたり、イベントを企画したり、イベント終わってもないのに
打ち上げの計画を立てたりしています。

自分達にとって「楽しい」ことを、いつも!

バラバラだった私たちが、こんなに一緒に一生懸命になれるスポネット

たかが大学のサークルって言われるかもしれないけど、ここで過ごす時間は、友だちとの時間と同じくらい大切な一生ものだと思っています。
一人でも多くの人がこんな気持ちになれるように、今日も楽しみを伝えています。
 
2009年 春  初代サークル長